Home » ブラーバを導入して感じた5つのメリットと3つの気になる点

ブラーバを導入して感じた5つのメリットと3つの気になる点


読了時間:約 2分50秒

0301 irobot braava01

床拭き掃除ロボットBraava(ブラーバ)を使い始めて間もなく1ヶ月が経ちます。

※アイロボット ファンプログラムミーティングよりモニターとして使用中

実際に使い始めて、自宅では裸足で生活することが多い日本人にとって床拭き掃除こそ重要だと強く感じました。

総じて、初めて導入したお掃除ロボットとしては満足度の高い製品なのは間違いありません。


【関連】【レビュー】床拭きロボットBraava(ブラーバ)を使ってみた感想


今回は、Braava(ブラーバ)を導入して感じた5つのメリットと3つの気になる点をまとめてみました。

これからお掃除ロボットを導入をお考えの方の参考になれば嬉しいです。

ご購入/詳細は公式ストアより▶︎アイロボットストア


SPONSORED LINK


①Braava(ブラーバ)を導入して感じた5つのメリット


1.ブラーバが床掃除した後の足裏の気持ち良さは病み付きなる


何と言っても、初めてブラーバを使って最初に感動するのが足裏の気持ち良さです。

普段、どれだけ人の皮脂やホコリや花粉で床が汚れていたのかを実感できます。

今では週2~3回はブラーバを起動させて床拭き掃除してもらっています。


2.床に余計な物を置かなくなり整理整頓を心掛けるようになった


床に多くの物を置いてあると、ブラーバがスムーズに床拭き掃除ができません。

むしろ全体的にキレイにしてもらいたくなるので、必然的に整理整頓を心掛けることになりますよ。


3.誰でも簡単に操作可能


ブラーバ自体に操作ボタンは3つしかありません。(電源/ドライモード/ウェットモード)

クリーニングパットにクロスを取り付けるのも難しくはないでの誰でも簡単にいきなり使えます。

個人的には、市販のフロア用ウェットシートを購入して使うことをお勧めしたい。(後片付けがラク!)


【関連】おすすめ市販フロア用ウェットシート(ブラーバ使用可)


あとは賢いブラーバが部屋の形状に合わせて床拭き掃除してくれますし、落下防止機能もあるのでほったらかしでOKです。


4.ロボットに床掃除を任せることで他の生産性のあることに時間がつかえる


ファンミーティングの内の説明でもありましたが、掃除というのは汚れたり散らかったりマイナスからゼロに戻す作業。

そういった作業は人間ではなく、これからはロボットが行うことが望ましい。

その分、頭を使う作業や何かを生み出す作業に時間を割けるというのは素晴らしいことです。


5.静音で一生懸命拭き掃除するブラーバは見ていて癒される




勝手ながら、今までロボット掃除機というと裕福な家とか幸せいっぱいの家庭の持ち物というイメージで敬遠してました。

今回、私の家にブラーバを導入してみたら不思議と愛着を感じますし、一人暮らしにこそ必要な物かもしれない。

ロボット掃除機に名前つけている人が多いのもうなずけます。(うちのは「はんぺん」と命名)

女子ウケもいいはずだし、話のネタとしても使えますよ。


②ブラーバを導入して感じた3つの気になる点


1.吸い取り機能はないので事前にゴミ拾いは別途必要


床拭き掃除のロボットなので、掃除機のような吸引機能などはありません。

髪の毛やペットの毛、ホコリやゴミなんかは事前にコロコロ掛けして取り除いておきましょう。

そう考えると。。。やはりルンバも合わせて欲しくなりますね。


2.今後1年半〜2年くらいでバッテリー交換する必要がでてくる(有償)


バッテリー交換の目安は、週4使用で1年半〜2年くらいとのこと。

交換自体は自分でもできなくはないが、メンテナンスも兼ねてカスタマーセンターに連絡するのがお勧めです。

(使用状況によってはホイールのへたりもでてくるようなので保証期間内にチェックを忘れずに)

ご購入/詳細は公式ストアより▶︎アイロボットストア


3.使わないクリーニングパットの置き場が欲しかった


我が家では、ウェット用のクリーニングパットは使わなくなったのでしまいこんでいますが、、、いつかなくしそう。

2枚あるクリーニングパットうち、使わない方のクリーニングパットも急速充電スタンドなどに取り付けられたら良かった。

クロス交換する性質上仕方ないのですが、ルンバと違い自動で充電スタンドに戻るわけではない点も少し気になりました。

※スタート地点には戻ってきます。


ブラーバを導入して感じた5つのメリットと3つの気になる点まとめ


ブラーバをざっくり言ってしまえば、フローリングを自動でク◯ックルワイパー掛けしてくれる製品です。

使用環境は、木材やタイル、ビニール、リノリウム、ラミネートなどの硬い床材の家となります。(畳では使用しない)

用途は限られる製品ですが、寒い日の水拭きのツラさや花粉で悩まされてる方の床掃除対策に役立つこと間違いなし。

値段も三万円台で買えるということもあり、興味ある方はぜひ購入を検討してみてください。

ではでは、今回はこの辺で!

ご購入/詳細は公式ストアより▶︎アイロボットストア

ウェーブ フロア 掃除用 ウェットシート 超水分キープ 18枚ウェーブ フロア 掃除用 ウェットシート 超水分キープ 18枚


ユニチャーム
売り上げランキング : 20385

Amazonで詳しく見る




【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

床拭き掃除がボタンひとつで簡単に!アイロボット「ブラーバ」の魅力

マツコの知らない世界で紹介された最新&人気ロボット掃除機7選

すぐお湯が沸かせる!ティファール電気ケトル「アプレシアウルトラクリーン ネオ」を購入した感想

HAYA

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: