Home » #αアンバサダー 撮影ツアー in 星野リゾート 界 箱根の様子や感想まとめ

#αアンバサダー 撮影ツアー in 星野リゾート 界 箱根の様子や感想まとめ


読了時間:約 4分50秒

20151206 α ambassador tour01

2015年12月1日〜2日まで【αアンバサダー】撮影ツアー in 星野リゾート 界 箱根に参加してきました。

平日開催というのに応募者400名以上、その中より5名に選ばれる幸運に恵まれたんですよ。

この撮影ツアーの内容は、現地へ行きさえすれば。。。(交通費のみ実費)

素晴らしい宿に泊まれて、SONYの人気カメラα7Ⅱを借りプロに習いながら風景写真などを撮影できるイベントでした。

私自身、初めての撮影ツアー参加ということもありこの貴重な体験を全2回に分けてまとめさせていただきます。

現在、SONY(ソニー)のカメラを検討中の方やαアンバサダーの活動に興味ある方の参考になれば幸いです。

この第1回の内容としては、【αアンバサダー】撮影ツアー in 星野リゾート 界 箱根の流れや様子、感想を中心にまとめています。

※第2回の方では、プロ写真家の林明輝先生に習った風景写真のテクニックやα7Ⅱの使用感をまとめてご紹介中

プロに聞いた風景写真を上手に撮る設定や撮影テクニックまとめ #αアンバサダー


SPONSORED LINK


①【αアンバサダー】撮影ツアーに参加するために必要なこと


20151206 α ambassador tour11

参加応募の資格について


まず撮影ツアーへ参加するのに必要なことは、ソニーのαアンバサダーになっていることが必須条件。※要登録制

因みに。SONY(ソニー)製のカメラを使っていなくても問題なくαアンバサダーになることはできます。

いま現在も、αアンバサダーを募集しているのでカメラ好きの方やαシリーズに興味がある方は下記より登録しておくといいですよ。

▶︎αアンバサダープログラム申込みページ ※12/9までならα7Ⅱやα7、α6000のモニター企画に応募可能

応募したあとは当選連絡を祈って待つのみです。※競争率は毎回かなり高め


撮影ツアー参加時に必要なもの


今回参加した撮影ツアーの場合、箱根湯本駅までの交通手段と箱根湯本駅から星野リゾート 界 箱根までの交通費のみ実費。

撮影機材は、現地に用意されたα7Ⅱと各種交換レンズを使用するので特に持っていく必要はなし。

私は、カメラとレンズ以外で必要になりそうな三脚と撮影で使うSDカードだけを自ら用意して臨みました。(手持ち撮影もOK)

▶︎カメラ初心者向け「Velbon三脚レバー式EX-444」を購入した感想

その他、冬の時期ということと早朝から撮影にいく予定があったので防寒対策だけしっかり準備したのみです。

あとは、最低限のカメラ知識(F値やシャッタースピード、ISOなど)がわかれば問題ありません。※操作方法がわかっていると尚良い

一応、自分の機材じゃないため好みの設定方法などをわからなくても聞けばすぐに教えてもらえますけどね。


②撮影ツアーの流れや様子について


20151206 α ambassador tour1

当イベントの集合場所は、「星野リゾート 界 箱根」でした。

箱根湯本駅からタクシーで1,000円くらいで行けますし、あとで紹介しますがこのホテルまぢでオススメです。

最初に、ロビーで集合して軽く参加者同士で自己紹介しました。

(αアンバサダー4名、林明輝先生とその生徒さん5名、ソニーマーケティング様より引率として2名の計12名の参加)

チェックインまでの時間があるため、必要ない荷物を預けて早速バスで移動開始です。

20151206 α ambassador tour16

バス車内は、一人につきちょうど2席分使用できたので快適でした。

大体、バスでの移動時間は毎回40分くらいだったと思います。

20151206 α ambassador tour2

最初に訪れた箱根の撮影スポットは、千条の滝というところ。

皆さん思い思いの場所に三脚を立てて撮影したり、手持ちで自由に撮影したりしていました。


20151206 α ambassador tour3

撮影中、機材の不明点やレンズやバッテリー交換はソニーマーケティングの方々がサポートしてくれます。

また私のように風景写真の上手な撮り方がわからない場合は、林明輝先生がアドバイスしてくれる至れり尽くせりの状況です。

20151206 α ambassador tour35

帰り際、途中でバスを止めて夕暮れ時を撮影中の様子をパシャリ。

このツアー中に貴重なお話を沢山聞けた参加者の一人プロカメラマンとしてご活躍中のよこいちさん。


同じ場所で撮影してるのに、こういう写真がまだ撮れない自分の力量のなさを痛感した初日の撮影でした。

その後、宿に戻って温泉に入ったり、参加者全員で夕食やホテルの催し物を見たりしてくつろぎ就寝。


2日目は朝5:30にロビー集合してバス移動




まだ真っ暗で冷え込む中で移動開始です。

因みに、早朝撮影は強制ではなく起きられた人だけの参加でOKでした。(全員参加してましたけどね)

私は、ホテルにモーニングコールを依頼しておきなんとか無事起きられましたよ。


20151206 α ambassador tour36

この日も晴れてはいるものの雲が厚く、それほど撮影に望ましい天候ではありませんでした。

途中、一瞬だけ富士山が目の前に現れてみんなで急いで撮ろうとしましたが上手くいかなかった。

こういう雲が厚い日は、逆に富士山の山頂などから撮影すると雲海が広がっていて素晴らしい写真が撮れるとのことです。


20151206 α ambassador tour37

場所を変えて、雲の隙間から朝日を捉えてみたところ。(もっと絞りまくれば良かったかも)

ダイレクトに日の光へ向けているのにここまで光芒が撮れるのもα7Ⅱの強みかもしれません。

ここまでで朝の撮影を終えて、宿泊先に戻り朝食とチェックアウトの手続きを行います。


20151206 α ambassador tour39

日中にお部屋へ入ったのが、この時初めてだったので窓一面に広がる景色に正直びっくりしました。

チェックアウト後、最後の撮影場所へ再度バス移動開始です。

20151206 α ambassador tour41

最後の撮影スポット仙石原高原にて、すすきを撮影。

各々で撮影を楽しんだ後は、いま一度ホテルへ戻って昼食のお弁当を頂きました。


撮影ツアーの最後は林明輝先生による講評会


20151206 α ambassador tour42

その後は、ツアー中で一番緊張した林明輝先生による各参加者の撮影した写真2枚の講評会です。

参加者全員の前に置かれたSONY製の4Kモニターに自ら撮影した写真の中からお気に入りを写し出します。

カメラに直接つないで行うため、トリミングも修正加工も一切なしの撮って出しを提出ですよ。。。

正直、普段から後加工ありきの撮影ばかりしているとこういう時に困りますよね。

そして、参加者皆さんの写真がどれも素晴らしく大変勉強になったことは言うまでもありません。

私自身、風景写真の魅力に少し気づかされる良いキッカケとなりました。


③星野リゾート 界 箱根のホテル館内の様子や利用した感想


20151206 α ambassador tour6

今回、私が泊まらせて頂いた客室の入り口です。

部屋の扉から期待大ですよね。

20151206 α ambassador tour5

室内はこんな感じで居間とベッドルームに分かれていて、一人で泊まるには、かなり広く贅沢なお部屋です。

木の部屋風呂の他、大浴場の温泉がありました。


20151206 α ambassador tour8

星野リゾートは友人たちの間でも、サービスや食事の評判が良かったのですが期待以上でした。


20151206 α ambassador tour10

出てくる料理の一品一品に工夫が凝らしてあり、味覚だけでなく視覚でも楽しめるのでぜひ利用時にお楽しみください。

朝食もとても良かったので食事はかなり期待しておいて大丈夫です。

また従業員の方々の接客サービスも徹底されており大満足の一泊でした。

このホテルは大切な方とのご旅行や親御さんへのお祝いごとの際に利用してみると凄く喜ばれることでしょう。

私も次回はぜひプライベートな旅行で「星野リゾート 界」を使ってみたいと思います。

星野リゾート 界 箱根【公式】
お部屋やお食事の詳細とご予約・空室紹介は公式ページへ




【αアンバサダー】撮影ツアー in 星野リゾート 界 箱根の感想まとめ


20151206 α ambassador tour45
Photo:yokoichi

SONYの人気カメラα7Ⅱや各種レンズを自由に使わせてもらいプロの先生から風景写真を学べる貴重な体験でした。

私よりもカメラ歴が圧倒的に長い皆さんからたくさんのこと学ばさせてもらったことを活かして腕を磨いていきます。

次の記事では、プロ写真家の林明輝先生に習った風景写真のテクニックやα7Ⅱの使用感をご紹介する予定です。


また今回、このような機会を頂けたソニーマーケティングの皆さんには感謝しかありません。

機材の搬入から管理、様々なサポート、雰囲気作りまで最高でした。

これはいよいよSONYへの乗り換えも検討しないといけないですね。

ではでは、今回はこの辺で!


今回の撮影ツアー中に使用した機材一覧





ソニーストア


【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

フルサイズミラーレスα7を初体験!αアンバサダープログラムキックオフミーティング参加レポート

高城剛さんのCP+2015スペシャルセミナーの感想まとめ

Sony α7シリーズの「親指AF」設定方法と注意事項

超おすすめ!HAKUBAカメラリュックGWアドバンスピーク25L購入レビュー

寒さ対策から男の冬服コーディネートを考えるとアウトドアファッションに行き着く話

小田急 ロマンスカーのおすすめ車両やオンライン予約方法まとめ

HAYA

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: