Home » CACTUS(カクタス) CB-60折りたたみ式ソフトボックス購入レビュー

CACTUS(カクタス) CB-60折りたたみ式ソフトボックス購入レビュー


読了時間:約 3分

161127 cactus cb60 00

ストロボライティングにて撮影された写真が好みで最近ハマっています。

携帯性に優れたクリップオンフラッシュ用「CACTUS(カクタス) CB-60折りたたみ式ソフトボックス」を購入。

スピードライトやフラッシュを直接当てるよりソフトボックスを介した方が柔らかな光を作ることができる。

今回は、私がポートレート撮影や物撮り時に愛用しているソフトボックスをご紹介します。

[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB60 折りたたみ式[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB60 折りたたみ式


Harvest One
売り上げランキング : 60934

Amazonで詳しく見る


SPONSORED LINK


①Cactus(カクタス)ソフトボックスCB-60とは


161127 cactus cb60 1

持ち運び用のキャリングバック(32 x 25 x 8cm)に入ってきます。

重量は(バック含)1130グラムとのことでリュックやカバンに入れても容易に持ち運べます。

161127 cactus cb60 6

キャリングバックの中にはこんな感じで収納されています。

丸いソフトボックスキャリングケース(φ25cm)を開けると。。。

161127 cactus cb60 9

折り畳まれた60x60cm ソフトボックスがでてきて手を離すとバッと一気に広がるのでご注意。

因みに、片付ける際にもう一度この状態にするので覚えておきましょう。

たたむコツは、三角のうち二つを両手に持ちレフ板と同じ要領でひねりながら丸めます。(結構力を入れる)


161127 cactus cb60 15

製品として入っているのが下記のモノです。

  • 60x60cm ソフトボックス x1
  • ブラケットアダプター
  • ディフューズクロス x2
  • ソフトボックスキャリングケース(φ25cm) x1
  • その他にキャリングバック(32 x 25 x 8cm) x 1

買った後で気がついたけど、少しお値段が上がりますがグリッド付きタイプを買っておくと良いかも知れません。

グリッド付きタイプは▶︎「 Cactus カクタス ソフトボックス CB-60W


161127 cactus cb60 18
では実際に使う準備をしていきます。

まずは、60x60cm ソフトボックスを開く。


161127 cactus cb60 20

4角からでているクリップに引っかける形で、小さなディフューズクロスを取り付けます。

尚、私は使用後にディフューズクロスを取り外すことはせずこのまま畳んでいます。

161127 cactus cb60 21

ディフューズクロス大の周りは、マジックテープ状になっていてソフトボックスに取り付けます。


161127 cactus cb60 27

ソフトボックスの準備ができたら、お使いのクリップオンフラッシュをブラケットアダプターに装着する。

真上のネジを回して挟み込んいるので、基本な大きさのクリップオンフラッシュなら取り付けられるはず。


161127_cactus_cb60-31.JPG


ブラケットアダプターの角度を変えるためのチルトロック·ハンドル付き。

ソフトボックスに当たる部分のため「押して回す、押して回す」を繰り返して調整する形です。


161127 cactus cb60 41

ブラケットアダプターは、上記のようにソフトボックスへはめ込む形で装着します。

順番的には、最後にクリップオンフラッシュを装着する方がより転倒/破損を防止できて安心です。


161127 cactus cb60 42

このソフトボックスは、メスダボ仕様です。

ライトスタンドによっては、オスダボ変換アダプタが必要になります。

参考▶︎Manfrottoの人気ライトスタンドAC Jタイプ1051JBAC購入レビュー


161127 cactus cb60 53

使用準備が整いましたが、ライトスタンドや屋外などの使用環境によっては風で転倒しやすいため注意が必要。

アシスタントに支えてもらうか、足回りやスタンドに必ずウエイトやカバンで重しをつけましょう。


161127 cactus cb60 56

室内で使う分には、バランスだけ注意すればOKです。

またソフトボックスを使用すると、直当てに比べ光量自体は落ちますのでその分の露出調整しましょう。※2~3段落ち


ソフトボックスを使用する際に必要なモノ


ソフトボックスを使うにあたり必要な機材は下記になります。

  1. カメラフラッシュやスピードライト▶︎NEEWER カメラ/一眼レンズカメラ用 TT560
  2. ライトスタンド▶︎Manfrotto ライトスタンド&オスダボ変換アダプタ
  3. ワイヤレススレーブ▶︎ラジオスレーブ

3.のワイヤレススレーブはなくても、お使いのモノによってはスレーブ機能で代用し発光させることもできますね。


Cactus(カクタス)ソフトボックスCB-60購入後の使用感まとめ


現在、ポートレート作品撮り用機材として「CACTUS(カクタス) CB-60折りたたみ式ソフトボックス」は大活躍中。

これまで撮っていた写真とは、違った印象の撮影が可能となり大満足しています。

私がこの製品を使った作例は▶︎HAYAの撮影した写真をFlickrで見てみる

屋外での使用時のみデメリットも挙げておくと、風にあおられて倒れやすい点と使用時にはバカ目立つ点です。

目立つ点は慣れしかありませんが、倒れて機材が破損することには十分注意しておきましょう。

自然光の撮影だけでなく、ライティングに興味がでてきた方はぜひ手に入れておくと何かと役立ちますよ。

ではでは、今回はこの辺で!

[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB60 折りたたみ式[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB60 折りたたみ式


Harvest One
売り上げランキング : 60934

Amazonで詳しく見る

[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB-60W 折りたたみ式…[クリップオンフラッシュ用ソフトボックス] Cactus カクタス ソフトボックス CB-60W 折りたたみ式…


Harvest One
売り上げランキング : 54727

Amazonで詳しく見る


【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

格安カメラフラッシュ「NEEWER SPEEDLITE TT560」使用レビュー

【爆安】Canonスピードライト90EXを購入してみた感想

GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型GT2542Tを購入した感想

カメラやレンズのカビ対策におすすめなトーリハン防湿庫を比較購入!

HAYA

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: