Home » 【生産終了】コシナ製カールツァイスマクロプラナー50mmを購入した感想

【生産終了】コシナ製カールツァイスマクロプラナー50mmを購入した感想


読了時間:約 2分38秒

0119 carl zeiss mp26


先日、Canon用「Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZE (キャノンEF) 」を購入しました。

このレンズの特徴は、優れた解像描写とこってりとした色ぬりです。(フルサイズ対応)

何度か借りて使ってみたところ、新品価格は10万円以上でも買う価値のあるレンズと判断しました。

また買うに至った理由としては、販売元のコシナより2015年10月7日で生産終了と発表になったことも大きかった。

もう新品在庫を探すのは難しいと思いますが、気になっていた方やレンズをお探し中の方はチェックしてみてください。


SPONSORED LINK


①カールツァイス Makro-Planar T* 2/50 ZEを購入してきた


0119 carl zeiss mp1

ZE(キヤノンEF)、ZF.2(CPU付きニコンAi-S)、ZF(ニコンAi-S)マウントがあります。※記事公開時は全て生産終了

カールツァイス Makro-Planar T* 2/50 ZEレンズスペック

  • 焦点距離:50mm
  • 絞り値:f/2~f/22
  • 撮影距離:0.24m~∞
  • レンズ構成:6群8枚
  • フィルター:φ67mm
  • 質量:570g(ZE)/510g(ZF.2)

エクステンションチューブを使用せずに1/2倍まで撮影可能なハーフマクロとなっています。



0119 carl zeiss mp3

取扱説明書や保障証、テストを行った方の署名が入った検品書も同梱。

こういうところも所有欲を満たしてくれますね。


0119 carl zeiss mp4

リバース可能バヨネットレンズシェードとレンズ本体とご対面。

カメラボディは消耗品、レンズは資産。買って後悔はありません。

0119 carl zeiss mp7

手にした第一印象は、さすがの質感

手ぶれ補正やAF機能は付いていないのですごくスッキリとしています。

MF(マニュアルフォーカス)のみとなっている点が魅力であり購入障壁であったりもする。

0119 carl zeiss mp8

マウントからの全長は66.7mm(ZE)/64.2mm(ZF.2)、最大径はφ75.4mm(ZE)/φ72.0mm(ZF.2)

あとこのレンズのなめらかなフォーカシングは、ぜひ一度味わってみてほしい。

0119 carl zeiss mp10

レンズフードは写真では伝わりづらいですが金属製。


0119 carl zeiss mp20

フルサイズ一眼EOS6Dに装着してみた。


0119 carl zeiss mp22

ZE(キヤノンEF)、ZF.2(CPU付きニコンAi-S)は、マニュアルフォーカスのみという点以外は通常のレンズと一緒。

F値も操作可能だし、データも問題なく残せます。※ZF(ニコンAi-S)のみカニ爪タイプ



②装着するレンズフィルターも。。。少し高価なZeta


0119 carl zeiss mp12

今回は、「【Amazon.co.jp限定】Kenko レンズフィルター Zeta プロテクター 67mm」購入。

つけなくても良い物ですが、精神衛生上つけるようにしています。

0119 carl zeiss mp13

今まで買ったレンズフィルターもよかったのですが、いつもより少し高価なレンズフィルターを購入してみた。

スーパースリムプロテクターは外れなくて困ったり、PRO1Dは汚れが付くと落ちにくい点が気になっていたので変えてみた。


0119 carl zeiss mp15

装着してみたろころ。

0119 carl zeiss mp21

見た目的にない方がスッキリして良いんですけど、つけてても十分カッコイイ!


③撮って出しのポートレート作例からこのレンズの魅力をどうぞ!


現像やレタッチを一切していない撮って出しのjpg画像を作例として貼っておきます。

0119 carl zeiss mp23

奥のボケ感だけでなく、窓の写り込みまでうまく撮れている一枚。

個人的には窓の曇り具合(汚れ具合)まではっきりしている点とボケ感の対比がお気に入り。

その他(現像やレタッチ済み)の作例などをご覧になりたい方は下記よりどうぞ!

▶︎HAYAのFlickrで写真を見る

▶︎HAYAのInstagramで写真を見る ※フォローやお気に入りしてくれたら嬉しいです。


カールツァイス Makro-Planar T* 2/50 ZE購入後の感想まとめ


正直、マクロプラナー購入時に一番迷ったのは同価格帯で人気の単焦点シグマのArtシリーズ。

やはりAFがあるのとないのでは利便性が大きく違うじゃないですか。

ただ大変だけど、マニュアルフォーカスのみから技術向上にもなるだろうし何より周りに持っている人がなかなかいない。

不敏の中にこそ、このレンズの特徴が際立つとも考えた。

素晴らしい解像度やボケ感、寄れる明るい単焦点、ピントの掴み易いMF、豊かな階調から50㎜レンズのベストバイ間違いなし。

ポートレートからスナップ写真、風景やブツ撮りまでこれ一本あればこと足りそうです。

もう生産終了してますが、もしも見つけたらぜひ一度チェックしてみてください。

ではでは、今回はこの辺で!

▶︎楽天市場でカールツァイス Makro-Planar T* 2/50 ZEを探す


【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型GT2542Tを購入した感想

梅本製作所の自由雲台SL-40ZSCが使いやすくてオススメ!

SIGMAの単焦点レンズ「Art 50mm F1.4 DG HSM」を使用してみた

カメラやレンズのカビ対策におすすめなトーリハン防湿庫を比較購入!

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: