Home » GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型GT2542Tを購入した感想

GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型GT2542Tを購入した感想


読了時間:約 3分13秒

1226 tripod01

プロ仕様の本格派「GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型カーボン4段GT2542T 」をとうとう買ってしまった。

三脚の重要性を知りつつも、安くて軽い三脚を使ってきたけど安定性も携帯性も優れたGITZO(ジッツオ)のトラベラーを購入。

かなり高価だったけど、三脚はほぼ一生モノだし中途半端にお金かけるくらいならクオリティの良いモノを選びたい。

実は、量販店のカメラスタッフから新型モデル「GITZO三脚トラベラー2型4段QDボール雲台キットGK2545T-82QD 」を勧められてかなり迷っていたのですが。。。

以前からチェックしていたGITZO(ジッツオ)の三脚で程度の良い中古品を見つけられたこともあり価格のこなれた前モデルを選択しました。(購入価格61,560円)

今回は、GITZO(ジッツオ)の三脚の良さや特徴、購入後の感想などをまとめてみたので三脚を探し中の方は参考にしてみてください。


SPONSORED LINK


①GITZO(ジッツオ)三脚の良さとは


1226 tripod3

まずは何と言っても見た目以上に「軽い」三脚です。

1.3 Kgなので片手でひょいと持ち上げることができちゃいますので持ち運びもしやすい。

1226 tripod7

軽い理由がこのカーボン素材にあります。(値段がする理由もこれだけど)

なので、軽量なのに剛性がしっかりしていて安定性も抜群です。


1226 tripod5

雲台無しのモデルのため、別途お好きな雲台を用意することになります。

私は、別記事で紹介しますが「梅本製作所 SL-40ZSC」の自由雲台を合わせて新品購入しました。(購入価格16,500円)

人によっては、クイックシュータイプの雲台が便利かも知れませんが梅本製の自由雲台のスタイリッシュさもお気に入り。

1226 tripod8

三脚の脚は、電車やバスなどの公共交通機関での持ち運びを考えて4段を選択。(機内持ち込みも可能)

2型は脚径28mmと太めで剛性にも優れているとのこと。

1226 tripod9

従来の三脚と違う方式でカチッと回すように緩めてから脚を伸ばしたり縮めたりする仕組みとなっています。

GITZO(ジッツオ)感が出ている一番の特徴なのでとても気に入っている部分です。

当モデルもGロックという、固定力に重力を加えるようにしたロックシステムを採用しています。



GITZO(ジッツオ)三脚のロック操作の動画




ロック自体がしっかりしているので少し緩めるだけで伸縮自在の印象です。

正直、従来のパチパチと留める三脚操作の方が工程は少なそうですがデザイン的にスッキリとしているのは断然こちらですね。


②GITZO(ジッツオ)三脚トラベラーの特徴「折りたたみ」


1226 tripod02
GITZO(ジッツオ)三脚トラベラーは、逆側に脚を折りたたむことでよりコンパクト化が可能です。

上記の画像では変形前、変形後のどちらも雲台は未装着の長さとなっています。


1226 tripod16

変形前の状態に雲台を乗せていると機内持ち込みが難しくなることもありそうです。(雲台のみ取り外しておけばいけるけど)


1226 tripod17

対して、折りたたみ変形後の方は雲台にもよりますが装着したままでも持ち込み許容範囲内に十分収まりきります。

注)機内持ち込み可能な三脚の長さはJALやANAで全長60cm以内(空港や航空会社によって異なる場合があるので要確認)


GITZO(ジッツオ)三脚トラベラーの折りたたみ操作動画




普段使いなら、折りたたまない従来通りの脚を閉じた形の収納だけで十分です。

ただ機内持ち込み始め、更にコンパクトに収納したい時には動画のように折りたたんで変形させると良いでしょう。


③実際にGITZO(ジッツオ)三脚トラベラーへカメラを設置してみた感想


1226 tripod22

身長180cmの私が若干顔を前に出すだけで覗き込める高さです。(雲台込み&センターポールさ最大の状態)

この三脚と雲台の組み合わせでも安定性は申し分ないですが、友人が全く同じ組み合わせだったので使用感を聞いたところ。。。

フルサイズで300mmクラスをつける場合は、かなりキツめに締めないと前にカクンとなってしまうとのこと。

まあ販売員さんも言っていたけど200mm大三元クラスまでなら問題ないでしょう。

重たい機材を中心に使っている方は、他のモデルか雲台を検討してみてください。

価格を気にしないで買える方は、新型の「GK2545T-82QD」も更に安定性が向上していてオススメの三脚の一つですよ。


GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型GT2542Tを購入した感想まとめ


1226 tripod21

購入した「GITZO(ジッツオ)三脚トラベラー2型カーボン4段GT2542T 」の良さは軽さとコンパクトさそこに堅牢性や安定性のバランスです。

今回、私が三脚選びで一番重視したポイントは「機内持ち込み可能で旅行時などの持ち運びやすさ」でした。

他社製のトラベラーに似た三脚も色々触ってみたのですが、やはりしっくりきたのがGITZO(ジッツオ)です。

見た目もかなりお気に入りの三脚&雲台の組み合わせなので、この機動性を活かしてどんどん撮影していきます。

三脚沼というものもあるらしいけど、当分私のメイン三脚はこれで決まりです。

今現在、三脚をお探しの皆さんも一度思い切って買ってしまうことを強くオススメします!

年末最後に大奮発して、レンズと三脚と雲台を買ってしまったけど大丈夫かな。

お仕事ください。

ではでは、今回はこの辺で!


GITZO 三脚 トラベラー 2型 カーボン 4段 GT2542TGITZO 三脚 トラベラー 2型 カーボン 4段 GT2542T


ジッツオ
売り上げランキング : 38872

Amazonで詳しく見る

▼新型はこちら

GITZO 三脚 脚のみ トラベラー 2型 4段 カーボン GT2545TGITZO 三脚 脚のみ トラベラー 2型 4段 カーボン GT2545T


ジッツオ
売り上げランキング : 177001

Amazonで詳しく見る

▼三脚の持ち運びに専用のケースもあり

GITZO 三脚バッグ トラベラー 2型 GC2202TGITZO 三脚バッグ トラベラー 2型 GC2202T


ジッツオ
売り上げランキング : 105829

Amazonで詳しく見る

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

プロに聞いた風景写真を上手に撮る設定や撮影テクニックまとめ #αアンバサダー

超おすすめ!HAKUBAカメラリュックGWアドバンスピーク25L購入レビュー

カメラやレンズのカビ対策におすすめなトーリハン防湿庫を比較購入!

機内持ち込み可能なキャリーケース「トラベル・ハウス」は安い、軽い、丈夫でオススメ!

HAYA

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: