Home » 【レビュー】床拭きロボットBraava jet(ブラーバジェット)を使ってみた感想

【レビュー】床拭きロボットBraava jet(ブラーバジェット)を使ってみた感想


読了時間:約 2分59秒

161017 braava jet 1

iRobot社の床拭きロボットBraava(ブラーバ)シリーズの新製品「Braava jet 240」の使用レビュー。

従来の「Braava(ブラーバ)380j」に比べ、よりコンパクトで床の汚れやシミの水拭き能力を強化したとのこと。


【関連】ロボット掃除機から提案する未来生活!第3回iRobotファンプログラム参加レポート


普段「Braava 380j」を使用していますが、「Braava jet 240」をモニターとしてお借りしたのでご紹介します。


ご購入/詳細は公式ストアより▶︎アイロボットストア

SPONSORED LINK


①床拭きロボットBraava jet(ブラーバジェット)のパッケージと同梱物をチェック


161017 braava jet 2

清潔感ある白と水色の外箱です。

日本での公式発売は2016年8月26日で価格は29,880円(税抜き)でした。※ネット購入時の目安


161017 braava jet 3

箱を開けるとBraava jet 240(ブラーバジェット)本体が鎮座しています。

本体サイズは、縦:約16cm x 横:約16cm x 高さ:約8.26cm 重さ約2.02kg

掃除可能範囲:最大18.5平方メートル (水拭きモード:13.9平方メートル)

161017 braava jet 4
Braava jet240(ブラーバジェット)本体以外の同梱物は下記の通り。

  • リチウムイオンバッテリーとバッテリー充電器
  • 取扱説明書と保証書
  • クリーニングパッドスターターキット

※スターターキットは、使い捨てウエットモップパッド/使い捨てダンプスウィープパッド/使い捨てドライスウィープパッドが各2枚づつ

161017 braava jet 6

リチウムイオンバッテリーとバッテリー充電器(Braava 380jは充電スタンドに立てかける仕様だった)

バッテリーは最長2時間で完全に充電される。

161017 braava jet 7

使用する使い捨てパッドは3タイプから選択

  • ウエットモップモード(青)・・・多量の水と3方向の走行と本体振動により頑固な汚れを拭き取る
  • ダンプスウィープモード(橙)・・・少量の水と直進的な動きで日常の汚れを優しく拭き取る
  • ドライスウィープモード(白)・・・ホコリ、髪の毛、ペットの毛などを拭き取る

※青と橙は洗浄剤つき

161017 braava jet 8

この取り付け部分の切り込みの違いでモードを判別しているとのこと。

掃き掃除またはドライスウィープモード(白)後に、ウエットモップやダンプスウィープすると良い。


②Braava jet(ブラーバジェット)の使い方



161017 braava jet 9

まずは、充電済みのバッテリーを本体に装着する。

161017 braava jet 16

本体裏のパッド装着部に使用するパッドを横からスライドするように装着。


161017 braava jet 18

今回は、ウエットモップモード(青)を使ってみる。


161017 braava jet 10
ウエットモップモード(青)やダンプスウィープモード(橙)では、噴射する水が必要です。

水を入れるところは取っ手を持ち上げたところにあります。

※パッドの取り外しボタンもここにある

161017 braava jet 12

水を入る量が正確にはわからないのでゆっくり注ぎましょう。注)水以外はいれちゃダメ

尚、ドライスウィープモード(白)時にはこの工程は省く


161017 braava jet 13

準備ができたら、中央のCLEANボタンを押すと床拭きを開始します。

161017 braava jet 24

下から見たらこんな感じでした。


③iRobot HOMEアプリでできること


161017 braava jet 25

Braava jetになって加わった機能にスマホアプリ対応があります。

結論から言うと、現状はあってもなくてもいい機能かな。


161017 braava jet 19

アプリストアより「iRobot HOME」アプリをダウンロードする。

自動で近くにある対応のルンバやブラーバを認識します。

ロボットの名前をつけることも可能です。(私はかまぼこと名付けました。)


161017 braava jet 20
中央のCLEANを押せば清掃開始できるけど、本体のボタン押すのと手間は変わらない。

※ルンバ900シリーズと違い外から遠隔操作できるわけではない

また下のカートを選択するとアイロボットストアにつながり交換用クロスなどを購入できる。

161017 braava jet 21

唯一、アプリからしかできない特殊操作が下部中央の「スポットモード」での清掃。

図の通り、1m x 1m のエリア内を重点的に清掃するモードです。(個人的には使う機会全くなかったけど)

また下部右からは詳細ページに飛び、ヘルプや設定を確認できます。


161017 braava jet 22

ヘルプや設定内容については上記の通りです。


実際に床拭きロボットBraava jet(ブラーバジェット)を使ってみた感想まとめ





Braava jet(ブラーバジェット)の良い点は、価格も安くなりコンパクト化されお求めやすくなったところ。

それに水を噴射しながら床拭きしてくれるのでよりきれいになっている感じはします。

但し、噴射し過ぎて後半水が足りなくなることもありました。

また懸念点は専用の使い捨てクリーニングパッドの購入コストが、メーカー純正品10枚入りで税込1,296円。

※使い捨て以外に洗濯可能タイプもありますがこちらは洗浄剤は含まれていない

一回あたり約130円かかる計算と、パッドはそのまま捨てられるので手も汚さず楽チンなところが迷いどころ。

ズバリ個人的には、「Braava(ブラーバ)380jとウエットシート」の組み合わせの方がオススメかな。

そのあたりの理由は、比較検討記事でかきますね。

ではでは、今回はこの辺で!

ご購入/詳細は公式ストアより▶︎アイロボットストア




【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】

【レビュー】床拭きロボットBraava(ブラーバ)を使ってみた感想

マツコの知らない世界で紹介された最新&人気ロボット掃除機7選

床拭き掃除がボタンひとつで簡単に!アイロボット「ブラーバ」の魅力


HAYA

この記事は参考になりましたか?

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
HAYA技の更新情報はコチラから!
  • 更新情報をTwitterからチェック!
  • 更新情報をFacebookからチェック!
  • 更新情報をGoogle+からチェック!
  • 更新情報をFeedlyからチェック!
HAYA技ブログ1日分の更新を無料でメールにてお届けします!

メールアドレスを入力してください: